BLOG

売上を上げる商品ページの作り方。商品のニーズを把握する方法。

  • 投稿日 : 2022/11/18
  • |
  • 最終更新日 : 2022/11/18

ECサイトのひとり運営で年商1億円を4期連続達成している三浦です。普段はミウラタクヤ商店を運営しつつ、簡易ECコンサルサービス「EC家庭教師」を提供しております。

本日のテーマは通販における商品ページの作り方について。

商品ページの作り方については、今回と次回のコラムの2回でお届けをします。今回は商品ページを作る際のターゲットの考え方、調べ方。

次回のコラムでは実際の作り方について執筆したいと思います。

▼通販における商品ページとは

商品ページは、その名の通り商品をお客様へ提案するためのページです。

– 商品のスペック
– 商品の使い方
– 商品へのこだわり
– 商品の評判

など、お客様が「商品を購入するか判断する情報」を提供するページです。できるだけ、お客様にとって魅力的に感じる「言葉遣い」や「文章づくり」が大事になります。

この商品ページの内容次第で売上や注文率は大きく変わってくるため、通販事業者は「魅力的な商品ページ」を作ることが非常に大切になってきます。

では魅力的な商品ページとはなんでしょう?

▼魅力は「誰にとって?」が大事

商品ページはよく「ライティング」という行動に含められます。文章の構成を整えることだったり、綺麗な言葉づかいをすること。

しかし、綺麗な言葉を使っていたとしても、お客様から魅力を感じてもらえなければ買われることはありません。

▼ライティングスキルより顧客象

大事なことは「綺麗に言うこと」より「なにを言うか」です。その「なにを言うか」を考える時に最もな大事なことは「誰に魅力を伝えるべきか?」です。

だから商品ページを作る前にまず考えるべきことは「誰に向けて書くべきか?」と言うことです。

– 誰がターゲットなのか?
– ターゲットのために自社は何ができるか?

を徹底的に考え、整理することが商品ページを作る上で最も効率的にできる方法です。

▼ターゲットを見つける方法

ターゲット、と言うとマーケティングのような形で難しく感じるかもしれません。しかし実は既に事業をしていて、お客様がいる事業者様にとっては非常に簡単です。

「お客様の声を徹底して聞く」

これができればターゲットの設定ができます。

理由は過去に注文をいただいたお客様の属性は、間違いなく今後狙うべきターゲットであり、その購入してくれたお客様から

– なぜ購入をしてくれたのか?
– 購入してくれて生活に変化はあったか?

この2つを聞き出すことができればターゲット設定は簡単にできます。

僕が支援しているEC事業者様にも実践してもらっていますが「思ってもいなかった声がたくさんあった」とほとんどの事業者様に言われます。

▼意外にできていない顧客ヒアリング

インターネットの通販というと「新規の顧客を取るためのもの」と考えがちですが、大事なことは今いる御客様がなにを考えているのか?の解像度を上げること。

そこが理解できるようになれば自ずと「誰を対象に商売をするべきなのか?」という優先順位が付けられるようになります。

だから御客様に上2つの質問をしてみましょう。

▼妄想ではなくヒアリング

僕が「ターゲットは誰ですか?」と事業者様に聞くとスラスラ答えていただけます、次に「実際のお客様はどんな人ですか?」と聞くと大体マッチしていません。

「それってターゲットあってます?」

というと「違いますね」ということで皆さんヒアリングを開始されます。そして適切なターゲットを見つけることができます。

▼ヒアリングをする方法

ヒアリングをする方法は簡単です、既存の御客様で話しかけられそうな御客様にメールないしは電話で「質問させてほしい」と素直に伝え、質問をするだけでOK。高い確率で自分が見えてないニーズが出てきます。

▼商品ページはニーズ把握してから

商品ページはこのように、まずニーズを把握してから書くようにしましょう。どんなに綺麗な文章だったとしても、ニーズがなければ売れません。

そのため、ニーズを把握してから商品ページは作り込むようにしましょう。ニーズを把握した上で作る商品ページとそうでないページは売れ行きが全く異なります。

まずは顧客は誰なのか?の把握から徹底して行いましょう。ついで商品ページの文章への着手になります。次回は実際に商品ページを作っていきたいと思います。

ECサイトのひとり運営で年商1億円を4期連続達成している三浦です。普段はミウラタクヤ商店を運営しつつ、簡易ECコンサルサービス「EC家庭教師」を提供しております。

本日のテーマは通販における商品ページの作り方について。

商品ページの作り方については、今回と次回のコラムの2回でお届けをします。今回は商品ページを作る際のターゲットの考え方、調べ方。

次回のコラムでは実際の作り方について執筆したいと思います。

▼通販における商品ページとは

商品ページは、その名の通り商品をお客様へ提案するためのページです。

– 商品のスペック
– 商品の使い方
– 商品へのこだわり
– 商品の評判

など、お客様が「商品を購入するか判断する情報」を提供するページです。できるだけ、お客様にとって魅力的に感じる「言葉遣い」や「文章づくり」が大事になります。

この商品ページの内容次第で売上や注文率は大きく変わってくるため、通販事業者は「魅力的な商品ページ」を作ることが非常に大切になってきます。

では魅力的な商品ページとはなんでしょう?

▼魅力は「誰にとって?」が大事

商品ページはよく「ライティング」という行動に含められます。文章の構成を整えることだったり、綺麗な言葉づかいをすること。

しかし、綺麗な言葉を使っていたとしても、お客様から魅力を感じてもらえなければ買われることはありません。

▼ライティングスキルより顧客象

大事なことは「綺麗に言うこと」より「なにを言うか」です。その「なにを言うか」を考える時に最もな大事なことは「誰に魅力を伝えるべきか?」です。

だから商品ページを作る前にまず考えるべきことは「誰に向けて書くべきか?」と言うことです。

– 誰がターゲットなのか?
– ターゲットのために自社は何ができるか?

を徹底的に考え、整理することが商品ページを作る上で最も効率的にできる方法です。

▼ターゲットを見つける方法

ターゲット、と言うとマーケティングのような形で難しく感じるかもしれません。しかし実は既に事業をしていて、お客様がいる事業者様にとっては非常に簡単です。

「お客様の声を徹底して聞く」

これができればターゲットの設定ができます。

理由は過去に注文をいただいたお客様の属性は、間違いなく今後狙うべきターゲットであり、その購入してくれたお客様から

– なぜ購入をしてくれたのか?
– 購入してくれて生活に変化はあったか?

この2つを聞き出すことができればターゲット設定は簡単にできます。

僕が支援しているEC事業者様にも実践してもらっていますが「思ってもいなかった声がたくさんあった」とほとんどの事業者様に言われます。

▼意外にできていない顧客ヒアリング

インターネットの通販というと「新規の顧客を取るためのもの」と考えがちですが、大事なことは今いる御客様がなにを考えているのか?の解像度を上げること。

そこが理解できるようになれば自ずと「誰を対象に商売をするべきなのか?」という優先順位が付けられるようになります。

だから御客様に上2つの質問をしてみましょう。

▼妄想ではなくヒアリング

僕が「ターゲットは誰ですか?」と事業者様に聞くとスラスラ答えていただけます、次に「実際のお客様はどんな人ですか?」と聞くと大体マッチしていません。

「それってターゲットあってます?」

というと「違いますね」ということで皆さんヒアリングを開始されます。そして適切なターゲットを見つけることができます。

▼ヒアリングをする方法

ヒアリングをする方法は簡単です、既存の御客様で話しかけられそうな御客様にメールないしは電話で「質問させてほしい」と素直に伝え、質問をするだけでOK。高い確率で自分が見えてないニーズが出てきます。

▼商品ページはニーズ把握してから

商品ページはこのように、まずニーズを把握してから書くようにしましょう。どんなに綺麗な文章だったとしても、ニーズがなければ売れません。

そのため、ニーズを把握してから商品ページは作り込むようにしましょう。ニーズを把握した上で作る商品ページとそうでないページは売れ行きが全く異なります。

まずは顧客は誰なのか?の把握から徹底して行いましょう。ついで商品ページの文章への着手になります。次回は実際に商品ページを作っていきたいと思います。

タグ 一覧

LINEで問い合わせる

SNS

全国商工会連合会 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル北館19階