BLOG

商品ページの受注率を格段に上げる「超簡単」な、たった一つの方法を教えます。

  • 投稿日 : 2023/01/16
  • |
  • 最終更新日 : 2023/01/16

ECサイトのひとり運営で年商1億円を4期連続達成している三浦です。普段はミウラタクヤ商店を運営しつつ、簡易ECコンサルサービス「EC家庭教師」を提供しております。最近オンラインサロンを開始しました。

EC運営をしていると一定期間を経過したら「商品ページを見直す」という作業をしている三浦です。

商品ページは店の営業マン

これ以外に皆さんやってないんですけど、商品ページを何十回も見直すって凄い大事なところ。商品ページは店の営業マンの役割ですから、クオリティを上げまくって悪いことは何もないです。

だからクオリティを上げる。

どうやったらクオリティは上がるか?

ライティングの勉強しなきゃ、ターゲティングは?構成はどうするのが正解?みたいな難しい話になりがちですが、シンプルに「これ読みやすいかな?伝わるかな?」ってことを自分でチェックすればOK。

商品ページの改善は凄く簡単で「読みやすいか・伝わるか?」を自分の言葉で考えればOK。著名なライターさんだったりにお願いしないでも、自分の言葉で文章書けば十分に伝わります。

購買の判断は、具体的か、わかりやすいか、伝わっているか?だけでされているので。気が利いたセリフとかあればいいですけど、基本的に不要です。

だから何回も商品ページを見直すだけでOK。

やってみると面白いですが、

見返せば見返すほど粗は出てきます、そして改善していきます。よく「売れるLPを作れます!」みたいな触れ込みありますが、LPって実は作る前よりも作った後の方が大事。

僕も色々商品作っていますが、LPの改善はしまくって売れるようになりました。1発目から売れる商品ページになることは稀です。

販売開始した後に何回も「見直す」ってことを続けるだけで商品ページの改善は絶対にできます。ってか、商品ページ完成した後に見直すほど「ここ直そう」ってところが絶対に出てきます。

その都度治していくと、チグハグな商品ページになって「デザイン的にどうなの?」と思われがちですが、正直言ってそっちの方がぜんぜん売れます。

言葉の精度が違うので。

だから商品ページは作った後に、必ず何回も「読みやすいかな?伝わるかな?」ってことを自問自答しながら読み返してみてください。

それだけで絶対に商品ページのクオリティは上がります。これはライティングなどのスキルは必要ないです「読みやすいかな?伝わるかな?」だけを問うようにしてみてください。

それだけで商品ページは必ず改善されます。

「読みやすいかな?伝わるかな?」

本当これだけで良いです。

ポイントは何回も読み直すこと、自分のお店のレイアウトやポップみたいな感覚で自分の細部をしっかり見つめるってことをやっていきましょう。

▼EC運用のノウハウTwitter
▼LINEで個別質問受付中
▼EC運用に関する動画

ECサイトのひとり運営で年商1億円を4期連続達成している三浦です。普段はミウラタクヤ商店を運営しつつ、簡易ECコンサルサービス「EC家庭教師」を提供しております。最近オンラインサロンを開始しました。

EC運営をしていると一定期間を経過したら「商品ページを見直す」という作業をしている三浦です。

商品ページは店の営業マン

これ以外に皆さんやってないんですけど、商品ページを何十回も見直すって凄い大事なところ。商品ページは店の営業マンの役割ですから、クオリティを上げまくって悪いことは何もないです。

だからクオリティを上げる。

どうやったらクオリティは上がるか?

ライティングの勉強しなきゃ、ターゲティングは?構成はどうするのが正解?みたいな難しい話になりがちですが、シンプルに「これ読みやすいかな?伝わるかな?」ってことを自分でチェックすればOK。

商品ページの改善は凄く簡単で「読みやすいか・伝わるか?」を自分の言葉で考えればOK。著名なライターさんだったりにお願いしないでも、自分の言葉で文章書けば十分に伝わります。

購買の判断は、具体的か、わかりやすいか、伝わっているか?だけでされているので。気が利いたセリフとかあればいいですけど、基本的に不要です。

だから何回も商品ページを見直すだけでOK。

やってみると面白いですが、

見返せば見返すほど粗は出てきます、そして改善していきます。よく「売れるLPを作れます!」みたいな触れ込みありますが、LPって実は作る前よりも作った後の方が大事。

僕も色々商品作っていますが、LPの改善はしまくって売れるようになりました。1発目から売れる商品ページになることは稀です。

販売開始した後に何回も「見直す」ってことを続けるだけで商品ページの改善は絶対にできます。ってか、商品ページ完成した後に見直すほど「ここ直そう」ってところが絶対に出てきます。

その都度治していくと、チグハグな商品ページになって「デザイン的にどうなの?」と思われがちですが、正直言ってそっちの方がぜんぜん売れます。

言葉の精度が違うので。

だから商品ページは作った後に、必ず何回も「読みやすいかな?伝わるかな?」ってことを自問自答しながら読み返してみてください。

それだけで絶対に商品ページのクオリティは上がります。これはライティングなどのスキルは必要ないです「読みやすいかな?伝わるかな?」だけを問うようにしてみてください。

それだけで商品ページは必ず改善されます。

「読みやすいかな?伝わるかな?」

本当これだけで良いです。

ポイントは何回も読み直すこと、自分のお店のレイアウトやポップみたいな感覚で自分の細部をしっかり見つめるってことをやっていきましょう。

▼EC運用のノウハウTwitter
▼LINEで個別質問受付中
▼EC運用に関する動画

タグ 一覧

LINEで問い合わせる

SNS

全国商工会連合会 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル北館19階