BLOG

「運用の手応えを感じる」フォロワーを倍増させるインスタグラムのプロフィールの作り方。

  • 投稿日 : 2023/01/23
  • |
  • 最終更新日 : 2023/01/23

ECサイトのひとり運営で年商1億円を4期連続達成している三浦です。普段はミウラタクヤ商店を運営しつつ、簡易ECコンサルサービス「EC家庭教師」を提供しております。最近オンラインサロンを開始しました。

ECサイトやお店の集客のためにインスタグラムを始めた。頑張って投稿してるもののフォロワーは一定数増えないし、なにを改善すれば「手応え」を感じられるかわからない。

この問題はよくある話。この問題を解決すのも凄く簡単です。それは「プロフィールを改善する」「投稿内容に一貫性を持たせる」の2つの改善でOKです。

■アカウントの目的を整理する

そもそも店の運営の目的はなんでしょう?既存のお客様への情報発信でしょうか?新規の方からの集客をしたいからフォロワーが欲しいのでしょうか?

この考え方をまず整理しましょう。新規のフォロワー獲得と既存のフォロワーへの情報発信は一緒に行うことができないです。なのでアカウントの目的はどっちなのか?をまず整理することをおすすめします。

■プロフィールを改善する

ターゲットを整理した段階でなんとなく「自分のアカウントが発信すべき言葉」というものは想像がつき始めてると思います。しかし、このまま投稿だけしていてもフォロワーは増えません。

インスタグラムで消費者が御社のアカウントを発見し、フォローに至るまでにはさまざまなファネルがあります。実際はフォローされるまで、このような流れとなっています。

①新規の接触がされる
投稿した内容が自分のアカウントをフォローしてない人に届き、自分の投稿が見られます。

②プロフィールを見る
投稿した内容が気になり次にアカウントのプロフィールを見にきます。

③過去の投稿を見る
過去のインスタグラムの投稿を見て、そのアカウントをフォローするかどうか判断します。

本来はもっと複雑ですがインスタでフォローされるまでに「投稿」「プロフ」「過去の投稿」を見られるという流れがあり、フォローされます。

逆にこの流れの中で「自分に必要ないな」と思われたら、フォローがされません。なのでインスタのフォロワーがイマイチ増えない、という方はまず、この3カ所を見直してみましょう。

フォローされないアカウントの特徴①プロフィールの文章が「自己紹介」になっている。

インスタグラムを活用している人は「役に立つ情報」を求めてインスタグラムを活用しています。自分にとって勉強になる内容や、暇つぶしになるエンターテイメントなどです。

街で想像してみてください。

勉強したい人、暇潰しをしたい人に対して「自己紹介」をして振り向いてもらえるでしょうか?絶対に振り返ってもらえないと思います。じゃあどうするか?プロフィールに「フォローするとどんなメリットがあるか?」という文章に変えることが必要です。

例えばダイエット発信者の場合

ダメな例「ダイエットの発信をしています」だけでは絶対にダメで「フォローをすると僕だけが知っている痩せる方法を知ることができます」という言い方の方が良い。

このように「プロフィールにフォローするメリット」を掲載することが大事です。もし自己紹介だけになっている人は自己紹介だけのプロフィールから、どんなメリットを提供できるか?を明示するようにしましょう。

■投稿内容に一貫性を持たせる

また次にフォローされづらいアカウントの特徴として「投稿内容に一貫性の無さ」があげられます。先述の通り新規フォロワーは「過去の投稿」を見ます。

このアカウントは私のためのアカウントなのか?を確認します、そうなった時にアレもコレもと投稿してる場合「私のための投稿ではない投稿」により、フォローが断念されることが考えられます。

だからこそアカウントのテーマに統一性を持たせて、投稿内容に一貫性を持たせることで、フォロー率が上がることが期待できます。

■フォローはアカウント全体で判断される

ユーザーがアカウントをフォローするかどうかは、アカウント全体で判断されます。プロフィールも投稿内容の一貫性も大事です。ここまで頑張ってようやくフォロワーは増えるので、もし新規の集客のためのインスタグラム運営を検討される方は、上記を見直してみてください。

▼EC運用のノウハウTwitter
▼LINEで個別質問受付中
▼EC運用に関する動画

ECサイトのひとり運営で年商1億円を4期連続達成している三浦です。普段はミウラタクヤ商店を運営しつつ、簡易ECコンサルサービス「EC家庭教師」を提供しております。最近オンラインサロンを開始しました。

ECサイトやお店の集客のためにインスタグラムを始めた。頑張って投稿してるもののフォロワーは一定数増えないし、なにを改善すれば「手応え」を感じられるかわからない。

この問題はよくある話。この問題を解決すのも凄く簡単です。それは「プロフィールを改善する」「投稿内容に一貫性を持たせる」の2つの改善でOKです。

■アカウントの目的を整理する

そもそも店の運営の目的はなんでしょう?既存のお客様への情報発信でしょうか?新規の方からの集客をしたいからフォロワーが欲しいのでしょうか?

この考え方をまず整理しましょう。新規のフォロワー獲得と既存のフォロワーへの情報発信は一緒に行うことができないです。なのでアカウントの目的はどっちなのか?をまず整理することをおすすめします。

■プロフィールを改善する

ターゲットを整理した段階でなんとなく「自分のアカウントが発信すべき言葉」というものは想像がつき始めてると思います。しかし、このまま投稿だけしていてもフォロワーは増えません。

インスタグラムで消費者が御社のアカウントを発見し、フォローに至るまでにはさまざまなファネルがあります。実際はフォローされるまで、このような流れとなっています。

①新規の接触がされる
投稿した内容が自分のアカウントをフォローしてない人に届き、自分の投稿が見られます。

②プロフィールを見る
投稿した内容が気になり次にアカウントのプロフィールを見にきます。

③過去の投稿を見る
過去のインスタグラムの投稿を見て、そのアカウントをフォローするかどうか判断します。

本来はもっと複雑ですがインスタでフォローされるまでに「投稿」「プロフ」「過去の投稿」を見られるという流れがあり、フォローされます。

逆にこの流れの中で「自分に必要ないな」と思われたら、フォローがされません。なのでインスタのフォロワーがイマイチ増えない、という方はまず、この3カ所を見直してみましょう。

フォローされないアカウントの特徴①プロフィールの文章が「自己紹介」になっている。

インスタグラムを活用している人は「役に立つ情報」を求めてインスタグラムを活用しています。自分にとって勉強になる内容や、暇つぶしになるエンターテイメントなどです。

街で想像してみてください。

勉強したい人、暇潰しをしたい人に対して「自己紹介」をして振り向いてもらえるでしょうか?絶対に振り返ってもらえないと思います。じゃあどうするか?プロフィールに「フォローするとどんなメリットがあるか?」という文章に変えることが必要です。

例えばダイエット発信者の場合

ダメな例「ダイエットの発信をしています」だけでは絶対にダメで「フォローをすると僕だけが知っている痩せる方法を知ることができます」という言い方の方が良い。

このように「プロフィールにフォローするメリット」を掲載することが大事です。もし自己紹介だけになっている人は自己紹介だけのプロフィールから、どんなメリットを提供できるか?を明示するようにしましょう。

■投稿内容に一貫性を持たせる

また次にフォローされづらいアカウントの特徴として「投稿内容に一貫性の無さ」があげられます。先述の通り新規フォロワーは「過去の投稿」を見ます。

このアカウントは私のためのアカウントなのか?を確認します、そうなった時にアレもコレもと投稿してる場合「私のための投稿ではない投稿」により、フォローが断念されることが考えられます。

だからこそアカウントのテーマに統一性を持たせて、投稿内容に一貫性を持たせることで、フォロー率が上がることが期待できます。

■フォローはアカウント全体で判断される

ユーザーがアカウントをフォローするかどうかは、アカウント全体で判断されます。プロフィールも投稿内容の一貫性も大事です。ここまで頑張ってようやくフォロワーは増えるので、もし新規の集客のためのインスタグラム運営を検討される方は、上記を見直してみてください。

▼EC運用のノウハウTwitter
▼LINEで個別質問受付中
▼EC運用に関する動画

タグ 一覧

LINEで問い合わせる

SNS

全国商工会連合会 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル北館19階